インキュベーション・マネジャー等が、起業・新事業創出の経験を活かし、滋賀の起業を志し未来を切り拓く人を育成する場の提供事業を行います。

起業塾(第2回顧客の不満を見つける)

起業と事業化の違いについて考えたことはありますか?「起業」は手続きを踏みさえすれば簡単にできますが、継続して経営する「事業化」は簡単ではありません。
 講師の舩越は、コラボしが21インキュベーション「創業準備オフィス」のインキュベーション・マネジャー(IM)として、多数の起業を志す方をサポートしてきました。その経験を活かし、この度社会貢献活動としてミライクを立ち上げ、起業塾を開講しました。
 第2回は、ビジネスモデルキャンバスの「顧客セグメント」にスポットライトを充て、「顧客の不満を見つける」をテーマに起業塾を行います。
これから起業を考えている方は、IMのサポートを得て、夢の実現を加速させませんか。

○日時 平成29年5月13日(土)10:30~12:30
○場所 大津祭曳山展示館 3階 多目的ホール
    大津市中央一丁目2番27号(丸屋町商店街内)
    ※大津祭曳山展示館ホームページ

○テーマ  ビジネスモデルキャンバス「顧客の不満を見つける」
○講 師 ミライク インキュベーション・マネジャー 舩越 英之

◆支援を受けた方の声
 起業の不安がやわらぎ、夢の実現に向けて一歩を踏み出すことができた。目の前にあるビジネスチャンスが見えてきた。アドバイス受けて自信が持てた 他。
◆実績:創業準備オフィスでの起業率82%
◆資格・受賞:JBIA シニア・インキュベーション・マネジャー・JBIA 「産業創造師」

○対 象 起業を考えている方
○参加料 1,000円
○定 員 20名 ※定員になり次第締め切ります。
○共 催 ミライク、まちなか交流館「ゆうゆうかん」
○お問い合わせ先  
 ミライク 代表 舩越 TEL 090-4292-7855  E-mail : h.funa54@gmail.com





<講師プロフィール>
 公益財団法人滋賀県産業支援プラザに勤務しており、これまでコラボしが21インキュベーションの入居者支援、地域の起業風土づくりとしてビジネスカフェの開催、滋賀県内のインキュベーション・マネジャーの育成を実施してきました。
 2016年には、JBIA(日本ビジネス・インキュベーション協会)から「産業創造師(全国で4人)」として認定される。 2015年3月 大阪市立大学大学院 創造都市研究科 都市ビジネス専攻 修士課程修了、シニア・インキュベーション・マネジャー。滋賀県出身。
Share:

お問い合せ

人気記事

おススメの記事

びわ湖放送のTV番組「滋賀経済NOW」の収録ためスタジオへ

びわ湖放送のTV番組「 滋賀経済NOW 」の収録ためスタジオへ。今回は滋賀県産業支援プラザのPRをさせていただけるということで、行ってきました。 どんなPRをさせていただいたかというと、プラザは、滋賀県の外郭団体で中小企業支援を行っています。支援内容は多岐に渡るのですが...

過去の投稿

ミライク. Powered by Blogger.

ブログ アーカイブ